白内障とは

目がにごる症状が出る病気「白内障」について詳しくご説明しています

白内障は老化現象のひとつと言ってしまえばそれまでですが、白内障についてしっかり理解しておくことで、予防することは可能です。こちらでは白内障について詳しくご説明していきますのでどうぞご参照ください。

白内障とは

白内障

加齢と共に発症すると言われている白内障は、40歳頃から症状が出始め、80歳を超えるとほとんどの人が何らかの白内障の状態になると言われています。

 

白内障とは、眼の中でレンズの役割をしてくれる水晶体が濁ってしまう病気のことを言い、症状を放置さえしなければ失明の恐れはありません。

 

しかし、一度症状が出てしまうと、薬で治すことはできず、手術を受ける以外に治療法はないのです。白内障は発症前に予防するか、本当の初期の段階でしか抑制することはできないのです。

 

症状が出てしまった段階では、手術以外の方法がなく、手術に抵抗があるという人も多いかもしれませんが、この手術はとてもポピュラーな病気で、日本国内の年間手術件数は140万件とも言われているほど、よく行われているものです。

 

またこの手術自体は日帰りでできる眼科も増えており、患者の負担は軽減されています。手術方法には、濁ってしまった水晶体を取り出し、眼内レンズを挿入する方法が一般的です。

 

水晶体というのは、透明なラグビーボールのような形をしており、カメラのレンズの役割をしている一部です。

 

水晶体は光を曲げたり、人体に有害な紫外線を透過しないようにしてくれる役割があります。

 

この部分が濁ってしまい、機能しなくなってしまうのが白内障なのです。世界的に見ると、白内障の失明率は高く、医療格差が原因と言われています。

 

日本では症状が出た段階で手術を受ければ、生活に支障なく生きていくことが出来る為、あまり恐れる病気ではないようですが、症状が出ているのに放っておけば失明の恐れがあるものであることは間違いありませんので、気付いた段階で眼科を受診し、適切な処置を受けるようにしてください。

白内障の主な症状

白内障

白内障の主な症状とはどのようなものがあるのでしょうか。

 

白内障には自分でわかる症状があります。

 

一番わかりやすいのが、物が薄暗く見えることでしょう。

 

病名に白が付いていることから、白く見えるのではないかと勘違いしている人がいるようですが、一概にそうではないのです。物が薄暗く見え、濁り方によっては暗くなるだけではなく、水晶体の中で光が乱反射して眩しく見えるなんてこともあるのです。特に夜の暗い中で、強い光を感じた時によりわかるようです。人は暗い場所で光を取り込もうと瞳孔が開かれているのですが、水晶体が濁っている場合には光が直接飛び込んでしまう為、昼間よりも眩しく感じてしまうこともあります。

 

車の運転をよくしている人などは、夜道のライトでそれを実感するようです。

 

また、霧がかかったようにぼやけて見えるという現象も引き起こしてしまいます。

 

視力の低下と間違いやすいのですが、眼鏡やコンタクトレンズを交換しても改善されない場合は白内障を疑いましょう。また視力が急に落ちたと感じた場合も、疑う必要があります。40代以降でこれらの症状を顕著に感じた場合は、一度しっかり検査をしてもらいましょう。

 

白内障の自覚症状というのはある程度進行している場合が多く、本当の初期段階では気づきにくいようです。人から見てわかるようなものではありませんし、視力が極端に悪くならなければ生活に支障もなく過ごしてしまう為、発見が遅れてしまいます。

 

また、痛みがない病気の為、眼科へ足が向かないという状況もあり、薬での治療段階を越えて、手術しか残されていない場合が多くあるようです。眼に違和感を覚えた場合は、眼科を受診してみるというのが大切なのかもしれません。

白内障では、毎日の生活でこんな不便や不都合が生じます

白内障になっても、痛みもなく、視力の急激な低下がない限り生活に不便さを感じない場合が多いようです。

 

その為、日常生活をそのまま送ってしまい、気付いた時には手術をするしかない状態になっていることが多いのです。

 

特に急に見えなくなるなんてことがない為、気付かないまま進行してしまうことも多く、40代以降の人は定期的に眼科を受診することが勧められています。

 

日常生活の中でどんなことに不便さを感じるかは、ライフスタイルにより異なります。

 

仕事をしているかどうか、その内容、車の運転をするか、家にいる時間が長いのか短いのかによって、感じ方は変わってきます。基本的には、文字を読むことに不便さを感じるようになたら、手術をするタイミングとして考えてよいでしょう。また、車の運転をする人の場合は、夜道の運転が苦手になるということがあります。

 

水晶体が濁っている為、瞳孔に直接光が入り込んでしまう為、車のライトが通常よりも眩しく感じてしまう為、眼を開けていられなくなることがあります。

 

また、進行していくと、見るものがすべて薄暗く感じたり、ぼやけて見えてしまう為、不便さを感じることが増えるでしょう。また視力が低下していくこともあるので、眼鏡やコンタクトレンズの度数を変更して改善しなかった場合は、手術をして改善するしか方法はありません。

 

日常生活に不便さを感じないのであれば、進行を遅らせる薬を用いて様子をみることができます。白内障になったらすぐ手術ではなく、生活に問題がない状態の時には薬を使うことができるのです。

 

ただし、一時的に状態をキープしているだけということを忘れてはいけません。一度なった物に対しては手術以外の治療法はないのです。

白内障を予防するための行い

白内障の原因は加齢と考えられている為、活性酸素の働きを抑制することが予防に繋がってきます。活性酸素とは、その名の通り活発な酸素のことを言い、この活性酸素の働きが強くなってしまうと、体をサビさせてしまうと言われています。体がサビてしまうということは、老化へと繋がっていき、白内障の原因にもなってしまうのです。

 

活性酸素は、生活習慣の乱れやストレスなどによって体内で増殖してしまいます。予防する為には、アンチエイジングをしていく必要があるのです。アンチエイジングをするには、ストレスを溜めず健康的な生活を送ること、喫煙などの習慣をやめることなどを意識していくことで、白内障の予防にもなりますし、発症時期を遅らせることもできると考えられています。

 

また、抗酸化作用のある食材を使用し食事を摂ることで、体内の活性酸素の増殖を抑制することができると言われているので、積極的に摂取していきましょう。抗酸化作用のある食材には、バナナやニンジン、カボチャなどが挙げられます。

 

基本的には、不摂生な生活を正し、健康な生活を意識していくだけで良いと考えられます。

 

また、白内障の初期の段階では、薬物によって進行を遅らせることができます。白内障に関する薬剤はドラッグストアなどで気軽に購入できるものではなく、医師の処方が必要となります。少し前までは、処方箋なしで購入することができる目薬もありましたが、今は購入することができません。

 

また、海外では薬剤の開発が進んでおり、白内障を元に戻すという触れ込みで日本で個人輸入されているものもあるようですが、基本的には厚生労働省が認可しておりません。薬剤を使用する際には、自己判断で使うことはせずに医師の診断のもと使用するようにしましょう。

白内障の進行を遅らせるためにルテインを摂りましょう。

白内障の進行を遅らせてくれると話題になっているのがルテインです。

 

ルテインはもともと水晶体に含まれている成分であり、食事から摂取することで進行を遅らせてくれる役割があるのです。ルテインを摂取した患者さんの視力が0.4も回復したというデータもあることからも、視力回復にも効果があることがわかっています。

 

ルテインは、食材にも含まれていますが、サプリメントなどで補うのが手軽ですのでお勧めです。特に口コミで人気になっているのが、「めなり」というサプリメントです。

 

このサプリメントには、ブルーベリーに含まれているアントシアニンが約5倍も入っているビルベリーを使用し、アントシアニンの吸収力もアップ。

 

アントシアニンには抗酸化作用があり、老化防止にもなります。さらに、天然のサングラスという別名が付くほどのルテイン、ゼアキサンチンが含まれています。特にルテインに関しては、マリーゴールドから抽出した天然の物を使用していることから、安心・安全に服用することができるサプリメントになっています。

 

また、クロセチンやアスタキサンチン、補酵素・ビタミン・ミネラルなどが約9種類も配合されているのです。

 

眼のサプリメントとしてこれ一つあれば、しっかり予防することができると考えられるぐらい優秀なサプリメントです。

 

「めなり」を活用することによって、白内障だけならず、疲れ目やドライアイなどにも効果があると口コミで人気になっていますし、手軽に摂取できますので生活に取り入れてみてはいかがでしょうか。生活習慣を見直し、バランスの良い食事を心掛け、さらにサプリメントを取り入れることで白内障の予防や進行を遅らせることができるかもしれません

 

「めなり」で視界が開けた!?本当の口コミ、評判、効果までご紹介!